本文へスキップ

大人の甲府旅をご提案。甲斐の国から甲府通信

甲府盆地のほぼ中央に位置する甲府までは

甲府へのアクセス

美食散策

料理イメージ

旬の食材で、美しく、おいしく。

 富士山や南アルプスなど2,000メートル級の山々に囲まれ、県土のおよそ80%が森林という海なし県。山が多く、米作りに適した土地が少なかったため、麦を使った粉食文化が発展してきました。また、ブドウやモモに代表される果物の栽培も盛んです。

 海がないのに魚が大好きというユニークな県民性で、マグロの消費量は全国屈指。過去には人口当たりの寿司屋の数が全国1位に輝いたこともあります。それゆえに、海がないのに海の幸を使った名物も生まれるなど、バラエティ豊かな料理や食材がそろっています。





ほうとう

ほうとう

 山梨のご当地グルメの代表格。小麦粉を練った幅広の麺を、野菜や肉などと一緒に煮込んだものです。具の定番はカボチャで、「うまいもんだよ、カボチャのほうとう」という言い回しがあるほど。冬に食べることが多い家庭の味。

 幅広の平打ちうどんとかぼちゃに加え、ねぎやしいたけ、じゃがいもなどを味噌ベースの汁で煮込んだ冬に食べることが多い家庭の味の麺料理。うどんを生麺の状態から煮込むことで、汁にとろみがついて冷めにくいという特徴がある。

 戦国時代、甲州地方ではお米が貴重であり、武田信玄がそれに代わる陣中食として考案したなど、発祥には諸説ある。県内では、「武田陣中ほうとう祭り」など、イベントが多く開かれ好評を得ている。山梨の家庭では、残った汁を翌朝ご飯にかけて「ほうとう飯」として食べられることもある。
 
 一方、夏のほうとうは「おざら」と呼ばれ、ゆでた麺を水で冷やし、あたたかいつゆで食べるスタイル。地域によっては「小豆ぼうとう」を食べるところもあり、最近では麺にブドウを練り込んだユニークなものも登場しています。

 郷土料理レストラン「甲州ほうとう小作」は、山梨を中心に10店舗を展開する人気店。山梨の郷土料理として最も有名なほうとうをはじめ、地元の人からも愛される人気のB級グルメ鳥モツ煮、山梨ならではの味覚である馬刺し、煮貝などが人気メニュー。さくらんぼのしば漬けという珍しいメニューも。

 
 
 




ワイン

ワイン

 日本でワインが作られるようになったのは明治3年。「文明開化はワインから」を合い言葉に甲府の有志によってワインの醸造が始められました。

県 内には、約90のワイナリーがあり、その半分はワイナリーの見学や、ワインの製造過程の説明を受けたり、試飲を楽しむことができます。また、山梨大学では国内で唯一の「ワインを学べる」学科があります。

 現在、甲州ワインは生産量・味とも国産ワインのトップクラス。世界で認められるワインを数多く醸造しています。

ワイナリー巡りをしましょう 


鳥もつ煮

鳥もつ煮込み

 B級グルメのランキングを競うB-1グランプリでゴールドグランプリを受賞し注目を集めた「甲府鳥もつ煮」は、奥藤で誕生し甲府近郊へと広まった料理です。

 鶏の砂肝・レバー・ハツ・キンカン(生まれる前の卵)を醤油と砂糖で甘辛く照り煮した甲府独自の料理で、2010年に開催された「第5回B-1グランプリ」で優勝し、全国的にも有名になりました。甲府鳥もつ煮が誕生したきっかけは、戦後しばらく経った昭和25年ごろ、まだまだ食べものに不自由していた時代に、甲府の老舗蕎麦店の店主が、捨てられていた鳥もつをいかす料理として”甲府鳥もつ煮”を考案したといわれている。
 お酒のおつまみにもぴったり。「縁をとりもつ」という語呂合わせから、縁起のよい料理ともいわれます。 一般的に”もつ煮”というと、汁気があって長時間煮込んだものが一般的ですが、甲府鳥もつ煮は、少量のタレを使って強火で一気に炊くことで、水気が飛んだタレにモツの甘味がぎゅっと閉じ込められる。

  甲府独自の料理で、現在では、甲府市内一円の蕎麦店を始めとした各店舗で『甲府鳥もつ煮』を味わうことができ、『ほうとう』、『煮貝』と並んで甲府独自の食文化となっています。

 
 
 




アワビの煮貝

あわび

 創業400余年の「みな与」のアワビの煮貝は、上級鮑にこだわり、代々受け継がれてきた秘法を受け継いだ手造りの製法を、今でも大切に守り続けています。こちらのお店で「みな与の煮貝」を食べた方がその味に惚れ込み、贈答用などにお取り寄せをすることもあるそうです。

 内陸県である山梨には、魚介類の名物があることはすこし驚きです。昔、静岡県沖で漁られたアワビが醤油に漬けられ、馬引きで富士川を沿って山梨県に輸送されました。旅の途中で、醤油とアワビのそれぞれの味が混じり合い、新しい味を作り出しました。だしを取るにも使えます。今、全国にも知られ、その珍味が人気を博しています。


 
 
 




果物

果物

 世界中から多くの人々が果物を楽しむために山梨県を訪れています。

 山梨県では多くの果物が作られており、中でもブドウ、モモ、スモモは、全国一の生産量を誇っています。収穫時期にはフルーツ狩りで採れたての果物を味わうこともできます。近年では国内はもとより、海外にも輸出され人気を博しています。

 ブドウや桃やスモモなどおいしいフルーツが豊富にある甲府エリアの特産物をその場で食べたりお土産にしたりできる果樹園を案内します。

 
甲府市内で、ブドウ狩りのできる農園をご紹介します。  
   






店舗写真

information店舗情報

甲府通信

 甲府通信は、観光情報のみでなく、歴史、風俗、伝説、美食、温泉と甲府にかかわる情報をまとめて提供する総合サイトです。

 甲府通信は、高尾情報局が運営しています。.

→アクセス