本文へスキップ

戦国の世に咲いた花一輪 松姫物語

戦国の世に咲いた花一輪 松姫物語

ようこそ、松姫物語のホームページへ。

 何ゆえに、男は戦をせねばならないのでしょうか。

 1582年、織田・徳川連合軍の甲州征伐がはじまり、武田家の滅亡の時が迫った来ました。
 しかし、神や仏は心やさしい松姫に何というむごい仕打ちをなさるのでしょうか。迫りくる織田軍を指揮しているのは、かつて松姫と婚儀の約定を交わした、そして松姫が一生の人と心に決めた織田信長の息子・信忠だったのです。

 今の松姫には、戦国の世を恨む余裕もありません。数人の家臣と幼い子供たちを連れて八王子への逃避行の旅が始まるのでした。

NEWSお知らせ

2017年4月18日
国の史跡に指定されている滝山城跡を始めとする、八王子の歴史や文化を多くの人たちに知ってもらい、今年市制100周年を迎える八王子を応援する、そのような目的で作られた歌を「八王子教育演歌」と呼びますが、今回「その生き方が日本人女性のお手本、鏡とも言われて多くのファンを持つ」武田信玄の息女「松姫」を題材にした「松姫物語・花は絶えず」カップリングとして「滝山城の春」この2曲を収録したCDを、市制100周年に向けて自主制作する事と致しました。 詳細はこちら

2017年4月18日
武田家滅亡により甲斐の国から幼い子どもを連れ八王子に逃れてきた武将の娘「松姫様」。その波乱の生涯を「ドラマ化」しようとするプロジェクトがスタートした。 詳細はこちら

2017年4月18日
サイトをオープンしました。

店舗写真

information店舗情報

松姫物語