本文へスキップ

高尾通信は高尾山とその周辺を観光、自然、歴史、文学、伝説、グルメに至るまで徹底的に紹介する高尾山総合案内サイトです



高尾山観光ガイドreal estate

高尾山のみどころ

   高尾山頂の東側にあり、正式には高尾山薬王院有喜寺という。天平16年(744)に、聖武天皇の勅願により、行基が薬師如来を刻み、安置したのが開基とされている。永和年間に、京都醍醐寺の俊源大徳が飯綱大権現を祀り、修験道場として以来、時の武将達の帰依、保護を受け寺は栄えた。

 仁王門は三間一戸の八脚門で、間口が3.62メートル、奥行2.72メートル、一重、屋根寄棟造、銅板葺。江戸前期の建築とされる。運慶作仁王像(八尺)を安置してある。

 仁王門のすぐ正面にあるのが七間四面の薬王院本堂です。「高尾山」の額がすぐ眼に入ります。堂内の中央には護摩壇が設けられており、不動、座像不動(弘法大師作といわれている)が安置され、その各側には本尊の大日如来座像と左右に不動と愛染像が並んでいる。

 薬王院の見どころ・建造物
 薬王院の境内
 薬王院のご利益
 天然記念物
 薬王院のご本尊「飯縄大権現」
 高尾山のパワースポット
 高尾山夜景スポット


高尾山のパワースポット

 高尾山には至るところに、パワースポットと呼ばれる場所があります。といいますか高尾山自体が巨大なパワースポットなのかもしれません。

 日々の生活で汚れがたまった六根を清浄にしてくれる六根清浄石車、願いを掛けながらくぐると叶うといわれている願叶輪潜、お金を洗って金運・商売繁昌のご利益を願う八大竜王・小槌、恋人・友達・ 仕事などの良縁を願ってお守りを結ぶ倶利伽羅龍・諸縁吉祥や愛染堂・良縁成就、そして五つの仏様が集まった姿をした本尊の飯縄様。

 すべてのパワースポットを巡れば、きっと神聖な力を感じること間違いなし!!それでは、高尾山薬王院有喜寺がお勧めされているパワースポットをご紹介しましょう。
 お寺がお勧めするのですから、この場合、パワースポットというよりもお利益のある場所、霊験あらたかなる場所とでも言ったほうがよいかもしれません。

開運ひっぱり蛸   -たこ杉隣-

高尾山の名物に、樹高37メートル、目通り約6メートル、推定樹齢450の世にも不思議な形をした「たこ杉」がある。
菊地ただし著「とんとん昔話」第十二話によれば、高尾山の天狗(てんぐ)衆にかかわる話。昔飯縄(いづな)大権現参詣の人々のために、天狗衆が参道を整備していた。
 ところが、根を四方に張った大杉に至り、思案の末に翌朝、これを引き抜くことを決めた。それを知った杉はあれ!一大事とばかりに一夜にして根をくるくると縮めてしまったそうです。そして、この盤根が「たこの足」に似ていることから命名されたという。

 以来、たこ杉、または、道を開いたところから開運杉とも呼ばれています。高尾山では,開運のパワースポットNO1のたこ杉ですが、蛸杉の傍に近づいて根を撫でる来山者が多く、杉の生育には好ましくないとのことで、2009年に「開運・ひっぱり蛸」が建立されたのです。大山貫首大導師の許、開眼法要も行われた「開運・ひっぱり蛸」の頭を撫でていただき、本堂で手をわせ、開運を引き寄せていただきたいと思います。

六根清浄石車(ろっこんしょうじょういしぐるま)  -薬王院境内-

 高尾山の仁王門を潜るとすぐに、六根清浄石ぐるまがあります。六根は目、鼻、耳、舌、心、体の6つの感覚器のことで、六根清浄とは、人間の大切な感覚器官を指し、物事を見つめる眼、匂いをかぐ鼻、音を聞く耳、味覚を味わう舌、感覚を感じる身、以上の大切な情報を判断する意(心)が清らかになる願いを神仏に祈る意味があります。六根清浄は、霊山に苦労して登ることによって可能だとされているそうです。

 日常から離れ山を歩き、自然を眺め、鳥の声に耳を澄まし、水の温度に触れ、土の匂いを感じ、新鮮な空気を吸い込み、額に汗して、六根石石車をぐるぐる回して、心身ともにリフレッシュしてみませんか。

 どこから回しても自由ですがちなみに18箇所の石車を6回ずつ回せば、108回転します。最後に境内の六根清浄大石車を回して日頃の(108)煩悩を取り除いてみてはいかがでしょうか。 石車は「懺悔懺悔六根清浄」と唱えながら回しましょう。。

願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)   -薬王院境内-

 高尾山内にこのところよく見かけるようになったのが、願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)です。
 これはご本尊様の智慧の輪です。願いを掛けながらくぐり、その奥にある大錫杖をご本尊様に願いが届くように、高らかに鳴らして更なる諸願成就を祈願します。 

 その時、住所と名前を忘れずに唱えるようにするそうです。 錫杖(しゃくじょう)とは、遊行僧が携帯する道具の一つである杖。 煩悩を除去し、智慧を得る効果があるそうです。

輪潜りの輪は通常は茅(かや)の葉を束ねて作るが、高尾山の参詣者は一年中絶える事はないので石造りのようです。

倶利伽羅龍・諸縁吉祥    -薬王院境内-

 倶利伽羅剣は、不動明王が持つ剣ですが、不動明王の剣を挟んで2頭の龍が絡んでいる像は、龍が交尾をしている姿と言われています。それゆえこの神様は除災招福のみならず、「縁結び」にご利益ありと信じられており、そのためか、ここには「恋みくじ」が置かれています。

 そして良縁むすびの諸縁吉祥(しょえんきっしょう)。ここですべての人々の良縁と幸せを願いましょう。世の中にはご縁がたくさんあります。恋人・友達・ 仕事など諸々のご縁が頂けるように、赤い紐についた綺麗な5円で良いご縁を固く結びましょう。
 諸縁吉祥のお賽銭箱は「願いかなう」 の5文字が丸く描かれ可愛らしいものです。

諸願成就・大本堂   -薬王院境内-

 ご利益巡りで必ずご参拝頂きたいのが高尾山薬王院のご本堂です。  仁王門のすぐ正面にあるのが七間四面の薬王院本堂です。「高尾山」の額がすぐ眼に入ります。この額は小松宮殿下の筆です。

 堂内の中央には護摩壇が設けられており、護摩供が奉修されます。大本堂正面には立派な注連縄(所謂しめなわ)が下がっています。そして、この大本堂そのものも神社風です。神仏習合の雰囲気が漂っています。 不動、座像不動(弘法大師作といわれている)が安置され、その各側には本尊の大日如来座像と左右に不動と愛染像が並んでいます。

 明治34年(1901)に、八王子大工棟梁小町小三郎により建築されたものです。薬王院は、鎌倉時代までは寺の名前からも推察できるように薬師如来がご本尊でした。飯縄大権現は中興のご本尊ということになります。 御本尊様・僧侶・御信徒皆様の様々な力が集まったご本堂から、是非お力を頂いて下さい。

愛染堂・良縁成就   -薬王院境内-

 高尾山薬王院本堂の裏手になりますが、この愛染堂には全身深紅の愛染明王がガラスケースに祀られているがほとんど御開帳されています。愛情や情欲の仏様で、「煩悩即菩提」の教えのご本尊です。

 愛情や情欲を癒す仏様というわけです。六本の手(六臂=ろっぴ)に武器と法具を持ち、獅子の冠を被っている。また、愛染明王の真言(呪文) 「オン マカラギャ バゾロウシュニシャ バザラサトバ ジャクウン バンコク」を30万回唱えると、どんな相手からも愛されるようになるといわれています。

 愛染明王への祈願は、色を染めるということから昔から八王子の染屋の組合や水商売の業界の方にも「高尾の愛染さん」といって信心されたようです。

 このように良縁成就、縁結びに霊験あらたかとかで、薬王院のお守りのなかでも若者を中心に人気なのが、この縁結びのお守り。鈴がついたお守りとご縁があるようにと赤い糸のついたきれいに磨かれた5円硬貨が一組になっているものです。
 鈴のついたお守りは、いつでも自分の身につけておき、また5円硬貨のほうは、この愛染堂に自分の意中の人とうまくいきますようにと願いを込めて結んでおくとか。さてさて、御利益のほどはいかに。

天狗社

 ご本尊・飯縄大権現の眷属(随身)として高尾山を守る天狗をまつる社。天狗はもともと仏敵で人間に禍をなす妖怪でしたが、修験道に吸収されて山の守り神となりました。
 社の傍らには、草履、下駄、雪駄、運動靴などが奉納され、天狗のように足腰が丈夫になって欲しいとの庶民の願いが込められている。

 天狗社は2010年の改修工事をへて、屋根の銅版まで吹き替えららました。

福徳稲荷社

 飯縄権現社の向かって左傍らには小さな社がある。屋根は入母屋形式で、正面には軒唐破風を付した作りで、小さいながらも極彩色の社殿です。

 平成10年11月、高尾山の御本社飯縄権現堂とともに修復した。福徳稲荷にはダキニ天という女神が祀られています。商売繁盛のご利益あらたかで、初午の日には、福徳稲荷祭が行われています。社の前には奉納された狐がいっぱい並んでいます。

修行大師堂

 修行中の弘法大師にあやかり、学業成就、合格祈願の祈願木を納めてお願いする修行大師堂はいつも受験生たちでいっぱいです。

 大師堂前の説明書きによれば「弘法大師さまに身体の健全をお願いすると供に、学業成就、志望校への合格成就を「ご祈願木」にお名前を書きお納めしてお願いしてください。月日の経ちました「ご祈願木」 は春の火渡り祭、または、「秋の大祭の柴燈護摩供のさいに お焚きあげいたします。」とのことでした。

飛飯縄堂

高尾山薬王院大本堂に向かって左側、飯縄権現堂に向かう階段の途中にあります。堂内にある小石をなでると、できもの、はれもの、いぼ等が取れるという信仰があります。

 ところで、JR日野駅のプラットホームを南の端に歩いて行くと、東側に坂上神社と御影石の鳥居が、見え隠れしますが、伝説によれば、この飯縄神社(現在は坂上神社に合祀)から高尾山に飛んできたという伝説があります。

 また幕末に薬王院が火災に見舞われた際に一時退避すべく火の玉となって日野まで飛んでいったなどという「飛び飯縄伝承」があります。尚、日野の飯縄神社と高尾山薬王院との関係は明治末まで続いていたということです。
 日野の飯縄神社の文政10年4月3日の棟札には、表に「奉再興飯縄社一宇」と「縄」の文字が使ってあり、裏には「遷宮導師高尾山薬王院住第廿世大僧都法印岳純」とあります。日野を訪れる機会があれば、そちらの飯縄神社にも是非お参りしてみてください。

穴弁天

 高尾山本坊裏手には、洞穴内に弁財天を奉ってあります。もともとここにはいつの頃からか弁財天が祀られていたのですが、いつの間にか失われしまったそうです。それを憂いた第二十七世範秀大僧正が昭和天皇即位を記念して彫刻奉安、平成11年4月に修復を完了したものです。

洞窟は狭くて背をかがめて入れるくらいで約3mほどです。以前はローソク1本でこの洞窟を入っていくと40メートルほど先にひっそりとこの弁財天の像が祀ってあり拝めたのですが、平成16(2004)年に崩落し、柵で仕切られているため、現在のように3mしか奥にすすめなくなりその像は今は拝めません。 

 この弁天様は
立ち姿で琵琶を弾いておりました。そこでこの柵前に代わって新しい弁天像が祀られるようになりました。こちらは八臂(腕が八本)に宝珠・宝棒・宝箭(矢)・宝刀・宝弓などを持った勇ましいお姿です。暗い洞窟内で拝見する弁天様は、少々恐ろしくもあります。また、この洞窟内以外に外にも弁天様にお会いできます。入口に向かって左に鎮座している弁天様はやや現代的な美人です。

 弁財天は元はインドの古代神話に登場するサラスバティというインダス川の神様です。サラスバティは「水を持つもの」と訳されます。したがって池や川など水のある所にまつられます。確かに祠の手前には小さな湧き水があり、ここでお金を洗うとそれが増える、いわゆる「銭洗い弁天」となっています。高尾山自然保護委員会が、2004年末に調べたところによるとこの弁天洞の湧き水は、電導度25という純度だったいうので驚きです。通常、水道水で 120〜150、山の湧き水は70〜100と言われていますから、その純度がわかろうというものです。

 一般に弁財天といえば、七福神の中の紅一点として有名ですし、商売繁盛と技芸上達と決まっていますが、こちらの弁天様は解説板によれば「福徳円満」、「平等利益」などのご利益があるそうです

神変堂

 高尾山薬王院への参道の中ほど、霊気満山と額がかかった山門そばの神変堂は、昭和44年に改築されたが、入母屋造りの銅板平葺。神変大菩薩の額の文字は元総理大臣故佐藤栄作氏によるものです。

堂内には山岳修験の祖である「神変大菩薩 役小角」が安置されている。 また、神変堂の前には役小角に従った鬼の夫婦である妙童鬼=前鬼、善童鬼=後鬼が守っている。
修験道の創始者として知られる役行者は、舒明天皇6年(634)元日、大和国葛木上郡茅原の郷賀茂役氏の娘 白専女(母)と問賀介麿(父)との間に生まれ、吉野の金峰山で霊感を得て呪術を身につけたといわれています。

前鬼、後鬼の二鬼神を自在に働かせることができたと言います。吉野の大峰山(おおみねさん)を開き、修験道の伝説的な開祖であり、役小角(えんのおずぬ)とも言います。
あまりの力量をまわりにうとんじられて八丈に遠流の身となっても、夜な夜な海を越えて街に繰り出しては朝帰りを繰り返し、ついには、年老いた母を背負っていづことなく去っていったといいます。
高尾山薬王院は、古来より山岳宗教の修験道として発展してきた証として、その開祖である役行者、つまり神変大菩薩が祭られているのです。 

仏舎利塔

 高尾山仏舎利宝塔内にはお釈迦さまの真身骨が奉安されているそうです。これは、昭和6年に少年団日本連盟(現在のボーイスカウト日本連盟)を通じて、タイ国王より分贈されたもので、日本の青少年が、お釈迦さまの教えにより、正しい心で健全に成長する事を祈念して奉安されたとのことです。

 この仏舎利塔は、お釈迦さまの教えそのものを表しています。それは、人はどう生きるべきかという事です。自分の心に自信を持ち、思いやりを大切にして、正しい物事の判断の仕方で、正しく生きるべきであると。お釈迦さまは、「心のふるさと祈りのお山」の高尾山より、生きとして生けるもの全ての心の安定の様子を見守っておられます。

 ところで最近、仏舎利塔の周囲に十善戒を彫った石門を建立されました。この門をくぐることにより、人の持つ煩いや悩みを遠ざけ、仏さまの近づくための教え「十善戒」を実践し、心を新たに戒めを守り、清く正しい日々を送るようにいたしましょう。