高尾観光案内


  

裏高尾の名所・旧跡

 

峰の薬師


 相模川をせき止めてできた津久井湖を見下ろす山中に位置する峰の薬師は、明応元年(1492)の創建と伝えられる古刹で、東京の新井薬師、高尾山の薬王院、大山の日向薬師とともに、武相(武蔵・相模)四大薬師の一つに数えられ、昔から武蔵・相模の人々に、生命を守り、心身の病を治す薬師様として、厚く信仰されています。眼病に霊験あるという古寺。三井(みい)の薬師とも呼ばれた。登山道は「関東ふれあいの道」として整備されている。境内から津久井湖方面の眺めは美しく、特に夕日に輝く景色は格別です。

 現在は曹洞宗の寺院で、大覚山東慶寺と号します。『新編相模国風土記稿』によれば、当薬師堂の本尊薬師如来像は像高一尺三寸の木造坐像で、行基作の伝承があります。
 
 この薬師に着くとまず鐘つき堂が目に入る。峰の薬師は富田常雄の小説、「姿三四郎」で 柔道の姿三四郎が、唐手(空手)の檜垣兄弟と果し合いを行う場として登場します。黒澤明により映画化もされている同作品ですが、記念碑が建てられています。石碑の裏に「桧垣鉄心と源三郎」兄弟から「姿三四郎」に宛てた果し状まで書かれていて、事実のように錯覚してしまいます。

             神奈川県相模原市緑区三井1497
 

PR
【送料無料】姿三四郎
姿三四郎/大河内傳次郎

宝珠寺


 高尾山裏高尾の旧甲州街道をバスに乗って終点から少し歩いたところにある宝珠寺は、臨済宗南禅寺派の禅寺です。 小仏川に流れ込む支流の合流点にありました。山号は小仏山。

天台宗座主道明の開基だったが応永年間(1349-1428)に臨済宗に改宗した。当初、行基作の大日如来がご本尊でそれが小像であったため、このあたりが小仏になったと伝えられる(火災により焼失)。
 現在の本尊は恵心僧都源信の作と伝えられる木造釈迦如来像。小仏断食道場としても知られていたのですが, 平成4(1992)年からやっていないそうです。

 宝珠寺は、境内に入ると目の前に崖が迫り、その上に本堂があります。
都天然記念物に指定された巨樹カゴノキはその本堂の手前、崖の中腹にあります。太い幹に見えるのですが、主幹は枯れて、その周囲を枝幹がとりまいて一株をなしている。目通り幹囲は、約4メートル、高さは約23メートル、根もとから1.3メートルのあたりから多くの枝が分岐している。一部の根が約3.1メートルの崖下の通路に露出し、樹幹を中心に南北約22メートル、東西約17メートルある。カゴノキはコガノキともいい、暖地性常緑樹で雌雄異株。樹勢はきわめて旺盛で、関東地方における大樹である。



千代田稲荷


 
 高尾山の高尾梅林を代表する湯の花梅林と老人ホーム浅川清明園辺りに来ると山へ向う分岐道がある。その分岐道の入口に「高尾山登山口」と刻まれた古い石の道標が立っている。今は利用する人もあまり見かけないちょっと寂れかけたような登山道だが昔はここがメインルートだった「蛇滝道」である。この蛇滝道入口を少し入ったところに右手 清明園の裏手に千代田稲荷大明神の神額の掛かった石の鳥居が見える。鳥居の奥は急な石段で見上げると更に小さな赤い鳥居が二つ見える。

 江戸の中心、千代田城(現皇居)の守護神であった稲荷は康正3年(1457年)に太田道灌が築城に際して勧請し守護神として城内に祭ったとされている。

 その後、徳川家康が江戸開府の時、三方が原の合戦以後加護を得た白狐の遺骨を祭り、城内紅葉山に移し歴代の将軍家にも鎮護の神としてあつく永く敬われてきた。幕末の動乱時永く大奥に仕えこの稲荷を信仰してきた奥女中(滝山)にこのご神体は託され、江戸城を脱出したとされる。後年神縁に導かれ紅葉山と称せられる当地に奉還されるに至ったという。

 以来大正12年の関東大震災までその子孫の邸閣に祭られてきたというが、現在の地に昭和4年に移設され祭られた。



常林寺


 

 高尾山の裏高尾の摺差(するさし)にある常林寺(じょうりんじ)は、曹洞宗の寺で、高尾駅南口にある高乗寺の末寺です。寺を興したのは峰尾氏とされていますが、ここ摺差地区の住民はほとんどが峰尾氏ですから驚きです。







口留番所(こうりゅうばんしょ)


 高尾山の麓、小名路追分から程ないところ、小仏川を渡ったあたりを「落合」といいますが、ここには、小規模の番所がおかれ、相州津久井方面の物資と通行人の看視と駒木野の関所を抜ける者を看視していました。
この番所は上椚田(現高尾、東浅川、初沢、南浅川)の村人が交代で勤務していたという。

 口留番所というこのような番所は、当時日本各地でも見られ、主要街道に設置された御番所と異なり、いずれも百姓身分の村人が鉄砲や槍といった武器を所持して自宅でその任に当たっていたといいます。
本来は各藩が隣の藩との境に設けたものです。はじめは関所と同じように、藩の境の警備をおもな目的にしていましたが、幕府の体制が整い政治が安定してくると、もっぱら物資の流通を監視し、場合によって税を取りたてたりすることが業務の 中心になっていきいました。

 当時は、各藩の特産物などは藩が取引を独占していて、生産者や商人が勝手に藩外に持ち出して売ることができない「禁制品」となっていました。禁制品は手形など藩の許可証があるものだけが藩外に出すことが許されていて、口留番所はそう した許可証があるかどうかチェックしたり、その商品から関税を取りたてたりしたのです。
また、武田氏が滅亡したとき、信玄の六女松姫一行が落ち延び、和田峠越えで北条領に入り、はじめに仮宿したのがここで、八王子城下にある心源寺の別院金照庵であったという。松姫はここで心源寺の卜山舜越和尚によって剃髪したと伝える。

ここ落合の口留番所も道路拡張などで場所も特定されなくなっているが、今は甲州街道沿いに小さな標柱がたっているだけです。尚、明治2年の「口留御番所其外御吟味書」が残っていて、昔の様子を知ることができる。

 


PR
同成社江戸時代史叢書 15八王子千人同心/吉岡孝
【送料無料】レンズが撮らえた幕末維新の志士たち

小仏関所跡


 駒木野関ともよばれる。
 天正の中頃、滝山城から八王子城に本拠を移した際、北条氏照が、甲斐との国境を守るため小仏峠上に設けたもの。元和2年(1616)峠の上から現在の場所に移され、同9年頃から4人の関所番が取り締まりにあたった。 現在、街道の脇には、道中手形を置いた手形石と手をついて吟味を待った手付石のそばに石碑がたっている。 
 小仏関所は幕府の大きな目となって時代をにらんでいた。旧豊臣浪人のクーデターである由井正雪の事件は未然に鎮圧されたが、江戸から脱出する浪人や江戸に潜伏する浪人の取り締まりは徹底的だった。小仏関所はその捜査本部にあてられ、女の髪を解いてまで過酷な取り調べを行ったという。      

 関所番は,始め八王子千人同心や関東十八代官の手代がかわるがわる務めていましたが、寛永18年(1641)からは4人に定められた。 )
           
高尾駅からバス駒木野下車20分

PR
【送料無料】支配をささえる人々

先賢彰徳碑


 小仏関所の公園の中に大きな碑が建っています。

 これは、幕末の志士、落合直亮、落合直澄兄弟や落合直文の功績を讃えて、浅川好史会が、昭和5年に建立したものです。碑文は尾崎行雄の書による。落合直文の弟子である与謝野鉄幹の句が添えられている。

「すがすがし関所の跡の松風に とこしへ聞くは大人たちのこゑ」 

 落合直亮、落合直澄兄弟は、関守の家に生まれた。兄の落合直亮は、国学者相楽総三に感銘し、家督を弟の直澄に譲り、幕末の尊攘運動に身を投じた。薩摩屋敷浪士組の副総裁となり、関東の錯乱計画を実行した。幕府は、これに激怒し、その報復として薩摩屋敷を焼き打ちし、これを発端として幕府と薩長連合の鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争へと発展したといわれる。
その後、相楽総三が新たに結成 した赤報隊は、偽官軍に仕立てられ、指導者は捕らえられて下諏訪で処刑された。相楽総三の無残な死を知った落合直亮は、この策謀者である岩倉具視を殺害しようと押し入るが逆に岩倉に諭され、その人望に忠誠を誓う結果となった。明治元年(1868)落合直亮は、伊那県判事、三年後に伊那県大参事に昇進したが、翌四年に冤罪で失脚。

 落合直澄は、直亮の弟で、兄とともに倒幕運動に参加。東京帝国大学の国文学教授となり、明治21年に「日本古代文字考」を発表するなど晩年まで神代文字の研究を続けた。
落合直文は、もともと仙台藩士に家に生まれるが、後に落合直亮の養子となり、ここ裏高尾、駒木野で少年時代をすごした。浅香社を創設し詩歌を発表、短歌革新の第一声をあげる。その傘下に与謝野鉄幹らがいる。国文古典の研究、編纂も行い「孝女白菊の歌」「青葉しげれ桜井の」「萩迺家歌集」など歌・作品・著作も多数ある。
尚、碑の除幕式には直文の弟子である与謝野寛、晶子夫妻が出席し、次の歌を詠んだ。

岩魚をばすすきにとふしひたしたる 山のくりやの朝の水おと  寛

をかしけれ人目の関の掟には あらぬ山がの関の話も     晶子
     



荒井遺跡


 1987年、荒井の上長房分校の北側周辺で縄文早期(8000年前)の落とし穴2カ所、土器片43個、石皿、摺り石、叩き石、石小刀、石鏃、黒曜石、チャートなどが見つかりました。
 どうやら荒井遺跡は、この時代の集落跡・猟場のようです。落とし穴は底に先のとがった棒を打ち込んだ直径1.5m深さ1mの穴で縄文時代の人がイノシシや鹿などの小動物をとらえるために作ったと思われている。また、中世の溝状遺構、陶磁器(青磁・天目茶碗)も出土。八王子城や椚田城などと関係のある中世の防衛のための遺構とみられます。これらの出土物の一部は、上長房分校のガラスケースの中に展示されています。

 また、近くには「猪鼻山遺跡」もあり江戸~明治期にかけての炭焼き釜跡4カ所が見つかっています。釜の長さ3.5m 幅1.3m 深さ1.5mのフラスコ型で石と粘土で築かれています。釜の内外からは、ガラス管・煉瓦・茶碗が出土しており、この高尾山一帯が炭の産地であったことをうかがわせます。

 それにしても、いわゆる圏央道は、これら貴重な史跡、文化財を串刺しにする可能性があります。
 裏高尾には上記のような遺跡の存在が認められており、まだ詳細は不明ではあるものの、この地区一帯に城郭外郭遺跡の存在する可能性があるといわれています。



猪鼻列車銃撃事件供養碑


 旧甲州街道の蛇滝口バス停近く(裏高尾町)に慰霊碑が静かに建っています。荒井集落の元タバコ屋さん角を右折し、小川沿いに50メートルほど登ったところになります。これは終戦直前に起きた米軍機による列車銃撃事件による犠牲者を弔った慰霊の碑です。

 1945年8月5日(昭和20年)湯ノ花トンネルにさしかかった満員の新宿発長野行きの中央線下り列車を米軍の艦載機P51が機銃掃射し多数の一般市民(非戦闘員)を死傷させるという事件がおきました。
少なくとも52人が死亡、900人以上が怪我をしました。太平洋戦争中、列車銃撃では国内でももっとも被害が大きかったとされています。当時はよく晴れて暑い日で、八王子空襲で不通になった中央線が4日ぶりに開通し、乗客が窓にぶら下がるほどの満員電車であったようです。
 戦闘機が見えたとき、すぐ窓を閉めるように車内放送が流れましたが、満員の声にかき消され、うまく伝わらなかったようです。

 戦時下とはいえこれは国際法にも違反する人道上許されぬ行為として当時非難の声があがりました。
 現場近くに建てられたこの慰霊碑にはこの事件による犠牲者の名前が刻まれており、毎年この日には、「いのはなトンネル列車銃撃遭難者慰霊の会」が中心となり、慰霊祭が行われます。

碑文(裏)

戦災死者供養塔は 昭和二十五年八月 当時の上長房(現:裏高尾町、西朝川町)青年団が 亡くなった方々を供養するため 団員協力のもとに建立したものです
供養塔には 亡くなった方々を荼毘に付した日影沢の石が用いられました
地元に住む人々は 尊い犠牲者のお名前も人数も知ることなく 供養塔の前に手を合わせご冥福をお祈りしていました昭和五十六年から八王子市教育委員会が八王子の空襲の調査を行い その後あらゆる手だてを尽くした結果 この事件の犠牲者は六十名以上と推定いたしました

そのうち 四十名のお名前と遺族が判った昭和五十九年 遺族関係者、地元の有志により七月二十一日に「いのはなトンネル列車銃撃遭難者慰霊の会」が発足いたしました会では この年の八月五日を「供養の日」に定め 毎年供養の集いを行い現在に至っています

供養塔は はじめ唐沢踏切の北側にありましたが 地主のご好意で南側の土地を無償で提供していただき 昭和六十一年七月二十八日現在地に安置されましたかねてから 会では蓄積した浄財で亡くなった方々のお名前を刻んだ慰霊の碑の建立を計画していたところ 平成四年三月 東京八王子南ロータリークラブからも協力の申し出があり ここに念願でありました慰霊の碑が完成いたしました

 



 


» ホームに戻る