SAMPLE WEB SITE

緑茶で花粉症対策



緑茶の効果

 スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉に反応する花粉症。
 年間を通じてダニやホコリで鼻水鼻づまりに悩まされるアレルギー性鼻炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などは、症状や原因は違ってもアレルギー症状が起こるしくみは同じです。

 緑茶は最近では、ガンの予防効果、インフルエンザの予防、殺菌作用による食中毒の予防など多くの効能が話題になっています。
 特に緑茶などに含まれるカテキンにはアレルギー症状を引き起こすヒスタミンが過剰になると、それを調整する作用があると言われています。

 最近になってフラボノイド、多糖類、フッ素等の成分がガンを抑制する働きがあるということなどから注目を浴びていますが、緑茶に含まれるポリフェノールの一種、カテキン類にアレルギーを抑える効果があるといわれているのです。

 このため益々緑茶を見直すことになっています。緑茶のカテキンの特長は吸収が早いということです。皮膚や粘膜を保護する働きと殺菌作用など緑茶は身近な最高の飲み物ですね。

 でも、効果を出すためには、1日10杯以上のお茶が必要だそうです。なかなか難しいですが、お茶は、日本人にとっては身近な飲み物ですから、なるべく進んで飲みたいですね。

 花粉症に効き目があるといわれているハーブやお茶もいくつかあります。薬ではないので花粉症を治療できるわけではありませんが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった気になる症状を緩和させるために毎日の生活に取り入れてることをおすすめします。

 お茶の花粉症に対する効果について、静岡県立大薬学部の杉山清助手らのグル ープから研究報告されています。

 まず、ラットに花粉症の抗体を注射して、24時間後に緑茶、ウーロン茶、紅茶のそれぞれ抽出液を飲ませ、抗原を注射して実験。結果は、いずれにも花粉症など抗原抗体反応によるI型アレルギーを抑える効果が認められたそうです。
 ラットの体重1キログラムあたり120ミリグラムのお茶抽出液を与えると、アレルギーを50%抑えました。
 これは人間が通常飲むお茶の約10杯分にあたります。この効果は現在アレルギー治療に使われているトラニストという薬に匹敵します。

 従来の抗ヒスタミン薬は、眠くなるという副作用がありますので副作用のない緑茶は、飲んだとき約10%程度は消化管から、有効成分が吸収されることがわかっているので、ふつうの濃さの緑茶を3時間置きに飲み、合計で1日10杯(約2リットル)程度飲むようにしてはいかがでしょう。

 ただし、花粉症が起こる時期になって急に飲み始めるのではなく、ふだんから飲んでいることが大切です。また、効果を期待するあまり、あわただしい気分で飲むのは、好ましくありません。

 また、最近はお茶を飲むだけではなく、食べることを勧めるひとが出てきました。
 しかし、緑茶には、カテキン類などの有効成分以外にも色々なものが含まれています。
 例えば、緑茶に含まれるカフェインなどの過剰摂取は、過度の緊張状態が続き、心臓に負担がかかり動悸、息切れが起こったり、不眠になったり、さらには胃腸障害が起こる虞もありますので注意が必要です。

<PR>
令和元年産 お茶 静岡茶 深蒸し茶 荒茶 茶農家の愛用茶 たっぷり1キロ 当店人気ナンバー1! 送料無料 緑茶 煎茶 茶葉 1kg 業務用
【送料無料】味くらべ!九州緑茶味紀行 八女茶・嬉野茶・知覧茶 お好きな2袋が選べるセットお茶 セット 煎茶 セット 飲み比べ セット うれしの茶 緑茶 日本茶 茶葉 詰め合わせ お試し トライアル 美味しい

ためすにあたって

 ここで紹介させていただくものは、医薬品、治療薬ではありませんので、その効果が必ずしも証明されているものではありません。
 確かにに中には、花粉症の症状軽減について報告されているものもありますが、個人差があったり、報告内容を医学的に精査されているとは限りません。昔からの伝承であって、根拠がしっかりしていないものも多く存在します。
 このことを十分理解していただき、個人の責任の上で試していただく必要があります。