本文へスキップ

大人の甲府旅をご提案〜甲府通信は観光、歴史、グルメ、温泉と隠れた甲府の魅力を紹介します。

コンセプト風雲 甲府城 観光散策

 甲府城は豊臣秀吉の甥である豊臣秀勝や浅野長政が城主を務めた城です。かなり大規模な城で、豊臣政権には徳川家康を牽制する要所として、江戸時代には将軍家にもっとも近い親藩の城でした。江戸時代中期には第5代将軍徳川綱吉の側近、柳沢吉保が城主を務めたこともあります。

 JR中央線・甲府駅のすぐそばにあり、現在は本丸・天守曲輪などの石垣や天守台、堀の一部が残り、「舞鶴城公園」「甲府市歴史公園」として開放されています。
 また、稲荷櫓や山手渡櫓門が復元されています。甲府市中心街のランドマークとして市民に愛されている甲府城は、かつて約18ヘクタールにもおよぶ広大な城郭を持つ東日本屈指の城でした。
 現在は城郭の一部が「舞鶴城公園」および「甲府市歴史公園」として開放されているこの甲府城について、今回はその築城から現代にいたるまでの歴史を簡単におさらいしつながら、意外と知られていなかった敷地内の見どころや将来に向けて検討されている整備計画などをご紹介していきます。


観る!定番スポット(必ず訪れたいところ)
観る!穴場スポット(やっぱり外せないところ)
観る!博物館・美術館めぐり
買う!定番土産
買う!特産品


甲府城の歴史

  甲府城は、もとは安山岩でできた小さな山(一条小山:独立丘陵)に築城された平山城で、別名「舞鶴城」と呼称され山梨県の史跡に指定されている。

 この一帯は、平安時代後期には甲斐源氏の一族である甲斐一条氏が勢力をもっていました。 このため人々は、この山を「一条小山」と呼んでいたそうです。平安時代末期、その「一条小山」を支配し、源平合戦でも活躍した「一条忠頼」 が館をもっていたのですが、源頼朝によって鎌倉で殺害されてしまいます。その菩提をとむらうため、その妻により「一蓮道場」(のちの一蓮寺)が建てられ、 周辺は門前町として栄えました。

 戦国時代には甲斐国の守護「武田信虎(信玄の父)」は、石和の川田館から甲府の「武田氏館(躑躅が崎館)に根拠地を移します。 そこで躑躅ヶ崎館(武田氏居館)を中心とする武田城下町が整備されました。ここに「武田氏館」が甲斐国の政治拠点となりました。

 その後、よく知られる「武田信虎の追放」を受け、武田信玄が中心となって、武田氏・穴山氏・小山田氏の勢力を結集して、甲斐国を動かしていきました。

 信濃・駿河・西上野へと領国拡大を行い、躑躅ヶ崎館は勝頼の時代に至るまで領国経営の中心でした。信玄の後を継いだ勝頼の代に新府城(韮崎市)が築城され本拠地の移転が試みられたが、 1575(天正3)年、武田勝頼は、織田・徳川連合軍によって、「長篠の合戦」で大敗を喫します。巻き返しをはかるため、1582(天正10)年に、今の韮崎市の七里岩に「新府城」を築城。政治の中心地としました。

 しかし、その直後、織田・徳川連合軍は甲州征伐を開始。高遠城での仁科盛信の壮絶な戦死の一報を受け、武田勝頼は戦わずして敗走。笹子峠で小山田勢に発砲され孤立。天目山にて滝川一益との戦闘の末、武田氏は滅亡してしまいました(3月11日)。

 甲府城の歴史は天正10年(1582)の武田氏滅亡とともにはじまります。
 武田氏滅亡後、甲斐国は織田氏の支配下となります。 織田信長は甲府入りし、河尻秀隆に甲斐の国の支配を行わせた後徳川家康とともに、本栖湖経由で安土城に戻りました。
 しかしわずか3ヶ月後、京都:本能寺で明智光秀の奇襲(6月2日)に遭い、織田信長は死亡。
 河尻秀隆も、甲府市岩窪町の館で、本能寺の変を知った甲斐国の領民の一揆に遭い、武田遺臣、三井弥一郎によって殺害されてしまいました。

 織田信長の死後、甲斐を手に入れた徳川家康が平岩親吉に命じて、当時一条小山にあった一蓮寺を移転させて築城します。その後、天下を統一した豊臣秀吉の甥である羽柴秀勝とその腹心だった加藤光泰らが城主となり、彼らの死後は浅野長政・幸長父子が主となって城を完成をさせました。
 しかし慶長5年(1600)、関ヶ原の戦い以降は再び徳川の城に。戦国末期から江戸時代にかけ急展開した歴史とともに、主もまた頻繁に変わっていった城だったのです。

 江戸時代初期は将軍家が城主でしたが、宝永元年(1704)に当時の城主だった徳川綱豊が江戸に移ってからは、祖先が甲斐出身であった柳沢吉保が15万石で城主になりました。この時代に甲府城は大名の城として整備され、城下町とともに大きく発展していきます。
 その後、甲斐国は幕府の直轄地となりますが、享保12年(1727)の大火によって城の本丸御殿や銅門は焼失してしまいます。

 明治時代に入り廃城となった城跡では、内城全体が勧業試験場として利用されるようになりました。さらに大正15年(1926)年には現在の山梨県庁が旧楽屋曲輪内に新築され、西側部分は市街地へと変貌。
 また、中央線敷設にともなって屋形曲輪と清水曲輪も解体されていきました。

 現在では内城部分が「舞鶴城公園」として、北側にあった山手御門一帯が「甲府市歴史公園」として市民に開放されています。


山手御門(甲府市歴史公園)(やまのてごもん)

 山手御門とは、山手門(やまのてもん)(高さ約6m、幅約5m)と山手渡櫓門(やまのてわたりやぐらもん)(高さ約12m、幅約14m)のことを指し、かつて追手門、柳門とともに三つの門が配置され、この内、甲府城の内城の最北端にあった門が「山手御門」である。

 しかし、明治期に破却され、市街地化が進み、山手御門周辺の石垣も崩され、堀は埋め立てられました。今では中央線の線路で分断されています。
 平成9年に日本鉄道建設公団用地内で山手御門に関する堀や土橋などが出土し、それに係る発掘調査の結果、山手御門の位置が特定、確認されたことなどから、JR甲府駅の北口で甲府市歴史公園の建設を進めてきた甲府市により、長い歳月を経て、「楽只堂年録」に描かれた時代(18世紀初)の姿に復元され、甲府市歴史公園として整備されています。
 山手渡櫓門の内部の展示も見ることができ、甲府城の構造から歴史まで学ぶことができます。

山手御門の展示室と展望スペース
  開館時間/午前9時から午後5時まで  
  休館日/月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、
      年末年始(12月29日〜1月3日)
入館料/無料
※公園は常時開放しています


こんな甲府城、ご存知でしたか?

 遊亀橋側の入り口に鎮座する鶴の像は、かつて謝恩碑東側にあった実際の噴水装置でした。第二次大戦によっていちどは取り壊されていましたが、戦後40年を経たのち、「鶴のいない舞鶴城ではおかしい」と考えた甲府市婦人連合会が“百円玉募金運動”を展開。市民の協賛を得て現在の場所に再現されたといういきさつがあったのです。

 このほかにも調査発掘によって発見された「二重の石垣」や、ひとつの岩を割って石垣に使ったためにまったく同じ切り口を持つことになった「兄弟石」など、あちこちに再発見の種が。見慣れた風景もそのいきさつを知ることで、また違った見えかたを楽しめます。


甲府城の今とこれから

 現在の甲府城内はいたるところで芝生や木々が整備され、市民にとって大切な憩いの場所となっています。豊かな自然のなかで、人間だけでなく鳥たちも羽を休めることのできる公園に姿を変えた甲府城。

 平成2年(1990)からは「舞鶴城公園整備事業」として石垣の改修や堀の浄化が進められるとともに、鍛冶曲輪門、内松陰門、稲荷曲輪門なども、築城当時の工法にしたがって忠実に復元されていきました。

 平成15年(2003)には稲荷櫓が、平成19年(2007)には中央線の北側に山手御門が完成。内部にはそれぞれ甲府城にまつわる貴重な歴史的資料を揃え、一般市民に無料で公開される展示スペースとなりました。

 今後は本丸へ続く門のうち、鉄門と銅門の復元が検討されていきます。両門の復元整備を検討している甲府城跡櫓門整備検討委員会では2009年、まず鉄門の復元を先行して進める報告書の素案をまとめました。将来的には甲府城を国指定の史跡として、地域のさらなる活性化につなげていくのが望ましいとのこと。

・1590年ころ 武田滅亡後、豊臣政権下で、浅野長政らにより築城。
・1600年ころ 関が原の戦い以降、徳川支配のもと治める。
・1705年    柳沢吉保が甲斐を受領。改修をおこなう。
・1724年    柳沢吉保が大和郡山へ転封。天領となる
・1727年    甲府城大火。本丸御殿など焼失
・1734年    城内に盗賊が侵入(御金蔵やぶり)
・1874年以降 明治維新後、廃城。城内に、葡萄酒製造所、中央線甲府駅、甲府中学など建設
・1904年    舞鶴公園として開放
・1927年    県庁を新築
・1990年    舞鶴公園整備事業着手







スタッフ写真

甲府通信店舗情報

 甲府通信は、観光情報のみでなく、歴史、風俗、伝説、美食、温泉と甲府にかかわる情報をまとめて提供する総合サイトです。


→アクセス