本文へスキップ

大人の甲府旅をご提案〜甲府通信は観光、歴史、グルメ、温泉と隠れた甲府の魅力を紹介します。

コンセプト昇仙峡 観光散策

 昇仙峡は、秩父山地の国師岳に水源を発し、富士川に注ぐ荒川が、花崗岩を浸食して創った渓谷です。
 国の特別名勝に指定され、平成百景全国2位、日本観光地百選の渓谷第1位、平成の名水百選にも選ばれています。


観る!定番スポット(必ず訪れたいところ)
観る!穴場スポット(やっぱり外せないところ)
観る!博物館・美術館めぐり
買う!定番土産
買う!特産品


昇仙峡

 秩父多摩甲斐国立公園内にある御岳昇仙峡は、約4kmにわたって荒川が作り上げた美しい渓谷です。大滝、仙娥滝と、高さ30mクラスの壮麗な滝には圧倒されます。

 また、無数に見られる奇岩、珍石にはそれぞれユニークな名前がついており、人々の目を楽しませています。国の特別名勝にも指定されています。
昇仙峡は甲府盆地の北部に位置する全長約5キロメートルの渓谷です。入口に当たる天神森から上流の仙娥滝までの風景は、まさに絶景。

 また、長い年月をかけて自然がつくり出した奇岩を至る所で見ることができますが、それらの岩に、トーフ岩、松茸石、めまい岩などユニークな名前がつけられています。中でも約180mもの高さを誇る巨岩の覚円峰は圧倒されるような迫力があります。

 昇仙峡の天神森〜能泉間約2kmを結ぶ幌のかかった観光馬車「トテ馬車」は、のんびり揺られながら、奇岩や名勝の眺めをガイド付きで楽しむことができます。

 仙娥滝駅からパノラマ台へはロープウェイがおすすめ。標高1058mのパノラマ台からは、南アルプス、富士山などの眺望が抜群。約15分ほどで登れる弥三郎岳からの眺めも最高です。
新緑の春、紅葉の秋が特におすすめです。

PR
山梨の自社農園100%のこだわりワイン♪スタッフオススメの一升瓶ワイン!!【 昇仙峡 赤(1800m...
豊かな陽光と土壌に恵まれた山梨県の自社農場マウントワイン 昇仙峡 赤 敷島醸造 国産ワイ...

『覚円峰(かくえんぼう)』

 日本一の渓谷美、昇仙峡の主峰と言われている峰。
  昇仙峡昇仙峡の中でもこの覚円峰は美しさと威厳に満ちたその風貌は見る人を圧倒します。

 高さは180m。花崗岩が侵食されて作られました。
 『覚円峰』はその昔 澤庵禅師の弟子覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行したと言い伝えられています。


 覚円峰を取り巻く風景が、中国の泰山に似ていることから、ミニ泰山とも称されることがあります。白い岩肌を取り巻く紅葉が、とても美しいビュースポットです




PR
昇仙峡写真ポスター 覚円峰(かくえんぼう) (YN-008-B2) B2サイズ 当店オリジナル写真
昇仙峡写真ポスター 覚円峰(かくえんぼう) (YN-008-B3) B3サイズ 当店オリジナル写真

『仙娥滝(せんがたき)』


 昇仙峡で一番人気、マイナスイオンたっぷりの観光スポットが「仙娥滝」です。
 落差30mのこの滝は地殻変動によって出来たもので、日本の滝百選にも選ばれています。

 仙娥滝の水量は豊富で勢いがあるので広い滝壺が形成され、左右の花崗岩も滑らかに浸蝕されています。

 地殻の断層によってできた高さ30mの壮麗な滝は新緑から紅葉、雪景色と四季にその美しさを装います。


「仙娥」というのは中国の仙女、(紀元前の書物にもその名が見える)美女嫦娥(じょうが)のことを指します。

 元々仙人だった嫦娥が地上に降り、男と夫婦になった為、不死ではなくなったので、男が西王母からもらった不死の妙 薬を嫦娥が盗み飲み、月へと逃げ込み蝦蟇になったという。
 この嫦娥のことを仙娥といい月神や月の化身に例えられます。

 仙娥滝は日本の滝百選に選定されてい ます。 特に秋は岩肌に張り付くように枝を伸ばすカエデやブナ、シダ類が美しく色づき、真っ白な水しぶきや青い滝壺と、美しいコントラストを描き出します。

PR
インテリア写真額縁 昇仙峡・仙娥滝(せんがたき) (YN-010-PF) 当店オリジナル写真パネル オ...

『大滝(おおたき)』


 

 昇仙峡からすぐ近く荒川ダムの先にある「板敷渓谷」は、昇仙峡の隠れたパワースポットで、華麗な幻の滝と呼ばれている「大滝」のほか数多くの滝があります。

 専用の駐車場があり、そこから400メートルほど歩くと入口の看板があるので、そこを下っていきます。
 最初に見えてくるのが、橋の下を流れる10メートルほどの白髪滝です。さらにそこから15分程歩くと、落差約30メートルの華麗な大滝に出合えます。
 
平日なら仙娥滝(昇仙峡のメインスポット)のような観光客もなく気軽に楽しめます。



『石門(いしもん)』


 

 巨大な花崗岩に囲まれた石門を見ることができます。迫力ある岩ばかりを見ることが出来る面白いスポットです。

 渓谷の遊歩道の片方は深い荒川の谷、もう片方は岩壁が垂直に立ちはだかっています。

 巨大な花崗岩に囲まれた石門は先端がわずかに離れスリリングな不安定さを満喫できます。



『長潭橋(ながとろばし)』


 

 大正14年に竣工したアーチ橋で、建築雑誌にも取り上げられたこともある昇仙峡の玄関口として親しまれている歴史的有名な橋です。


 県内には戦前に完成したコンクリートアーチ道路橋が三つありますが、そのうち長潭橋は最も古く「昇仙峡」観光の歴史を語る上で重要な土木遺産です。


『愛の架け橋(あいのかけはし)』


 

 「愛のかけ橋」と呼ばれるだけあって、カップルで渡ると愛が実るといわれている、人気のスポット。
橋の真ん中から渓流を眺めることができ、とてもきれいな景色です。

橋は歩いて渡ることができますが、ちょっぴりスリルがあります。




昇仙峡ロープウェイ

 昇仙峡ロープウェイは、昭和39年(1964年)11月1日に運行を開始しました。

 乗り場から山頂のパノラマ台駅まで片道5分の空遊散歩が楽しめます。

 頂上のパノラマ台までのロープウェイは、約20分間隔で運行。
 昇って下りるまで最短30分という手軽さからも観光客を中心に人気を集めています。

 ゴンドラの前後にロープウェイの人気キャラクター「福仙人」が描かれています。福ちゃん(オス・1号器)、ゆめちゃん(メス・2号器)です。


 標高1058mのパノラマ台から甲府盆地を眼下に富士山,南アルプス,金峰山など360度の大展望はまさに絶景です。
 ロープウェイ終点から、弥三郎岳に登ることができます。15-20分くらいの登山で、途中見晴らしの良い展望台を通ります。頂上にはお食事処もありますので絶景を眺めながらの休憩も可能です。

 また、両乗り場の売店にはお札を用いて作ったというオリジナルの和紙袋が金運アップのご利益があるという縁起物としてお土産の中でもひときわ人気を集めています。
 
営業時間:4月〜11月 8:30〜17:30
     12月〜3月 9:00〜16:30



交通情報


山梨交通[時刻表]
甲府駅南口バスターミナル3番乗降口から昇仙峡行きのバス
昇仙峡口(30分)570円/天神森(30分)570円/グリーンライン(40分)800円/滝上(60分)870円
路線バスの詳細情報は 山梨交通 にご確認ください。

  観る 定番スポットに戻る






スタッフ写真

甲府通信店舗情報

 甲府通信は、観光情報のみでなく、歴史、風俗、伝説、美食、温泉と甲府にかかわる情報をまとめて提供する総合サイトです。


→アクセス